すっぴん美人の秘訣

加齢肌には美容液がおすすめ

加齢肌に起こっているのはこんなことです。

 

加齢によって表情筋が衰えたり、

水分や皮脂が減少し乾燥肌へ傾いたために引き起こされる、

口元の皺がくっきりとしたり、ハリや艶がなくなってきたり、顔全体がたるんだり、

乾燥して粉をふいたり、シミが大陸になってきたりなどです。

 

このような肌トラブルをケアするためには

きちんと水分と油分を補える化粧品を見極めることがポイントになります。

 

洗顔後の化粧水は当然のこととして、おすすめなのは

美容液を使うことです。

 

高い保湿力をもつおすすめの成分は

セラミド、ヒアルロン酸、コラーゲン。

 

また美白やシミにはアルブチンなど、

ハリをケアしてくれる成分はレチノール、ヒトオリゴペプチドです。

 

若い時には栄養分が多すぎて逆に不必要で、

週に1回ほどのスペシャルケアで使用していた美容液を、

加齢肌には毎晩のケアとして使うようにしましょう。

 

保湿がしっかりと出来ていれば肌は古い角質もはがれやすくなり、

結果的に美白効果もすすみます。

 

また奮発して一度だけ高い美容液を買って使用するよりも、

使い続けられる価格の商品を継続的に使うほうがおすすめといえます。

 

新しい物を使う場合、

実感までの期間は約2ヶ月を目安にしましょう。